MENU

キャッシングで必要な書類とは?

キャッシングの申込には必ず必要書類を準備しなければいけません。
金融機関でお金を借りるのに、まさか手ぶらで可能と考える方は少ないでしょう。

 

しかしキャッシングの必要書類は、あまり複雑ではありませんので、準備するのにそれほど手間もかかりません。ただし準備できなければ、いつまでたっても審査を行うことができませんので注意しましょう。

 

キャッシングで準備しなければいけない書類は、主に「本人確認書類」「収入証明書類」の2点です。

 

本人確認書類

「本人確認書類」はどのようなキャッシングでも必要となります。
本人以外との金銭契約に関するトラブルを防ぐ意味で、金融機関は厳密に本人確認を行うことが義務つけられています。

 

主な本人確認書類は次の3点です。

  1. 運転免許証
  2. パスポート
  3. 健康保険証

 

このうち「運転免許証」「パスポート」は実際の本人の顔写真が載っていますので、本人確認としては信用度が高いといえるでしょう。

 

健康保険証には顔写真が載っていませんので、この他にも銀行キャッシュカードや本人宛の郵送物などの他の書類を要求されることもあります。ただし健康保険証では、勤務先などが確認できるため、運転免許証などよりも信用度が高いとしている先もあります。

 

顔写真がない健康保険証は、一般的には本人確認の書類として信用度が低いとされていますが、勤務先の他所属部署まで記載されていることもあることから、審査面では有効的な書類という見方もあるためです。

 

この他外国籍の方は「外国人登録証明書」「永住許可書」なども準備しなければいけません。
これらの書類も顔写真が掲載されていますので、本人確認の書類として信用度が高いといえるでしょう。

 

本人確認書類として「住民票」が使えない理由は?

一方「住民票」は単独として本人確認書類としては認められていません
実は住民票は、本人ではなくても取得できるケースがあるためです。
本人でないのに他人名義の住民票を取得できるケースは、次のようなものがあります。

 

  • 自身の権利を行使するため
  • 義務を果たすために必要とされる場合
  • 国や地方公共団体に提出を求められる場合

 

これらのケースでは他人の住民票を取得することが法的にも認められています。
ただし誰でも取得可能というわけではなく、以下の職種の方が職権により取得するケースがほとんどです。

 

・弁護士
・司法書士
・土地家屋調査士
・税理士
・社会保険労務士
・弁理士
・海事代理士
・行政書士
・戸籍業務に携わる公務員・団体職員

 

しかしこれらの方が悪用するとは100%限りませんので、キャッシングの申込書類では「住民票」は認められていないのです。

 

収入証明書類

審査において重要視される収入面を確認する書類です。
申込金額が少額の場合には、提出を免除する先も登場しています。
法律上利用者の収入を書類で確認しなければいけない条件は、次の2点です。

 

  1. 利用金額が50万円を超える場合
  2. 自社利用金額と他社利用金額が100万円を超える場合

 

この条件を下回る申込金額で提出を不要としている先も多くあります。
ただし提出不要とする申込金額であっても、審査の過程で要求されることもあります。

 

とくに審査で厳しい判断が行われる個人事業主や、返済面に懸念がある申込者でその傾向が強くなっています。いざという場合に慌てないために、事前に準備しておくことをおすすめします。

 

主な収入証明書類には次のようなものがあります。

 

・源泉徴収票
・給与明細表
・住民税決定通知書
・所得証明書
・確定申告書

 

キャッシング会社により収入証明書類として認められる基準も異なっていますので、事前に確認しておきましょう。