MENU

日本でキャッシングを利用している方は、1,300万人以上だといわれています。
実に国民の10人に1人の割合で利用していることになり、日本はキャッシング大国だと表現する方もおられます。

 

最近ではゴールデンタイムの時間帯にも銀行カードローンや消費者金融のCMが放映されるようになり、キャッシングの世界はすっかりわたしたちの身近な存在となっています

 

しかしキャッシングでお金を借りるには、必ず審査に合格しなければいけません。
各社で設けられた厳しい審査基準を通過した方だけが、キャッシングを利用することができるのです。

 

審査に合格するにはどうすればいいのか
それにはキャッシングとその審査について正しい知識を得ることが大切です。
そして自分の現状に照らし合わせて、無理のない申込を行うことが重要になってきます。

 

キャッシングとは?

そもそもャッシングとは、どういったものなのでしょうか。

 

お金を借りるサービスとは漠然と知っていても、どのような特徴があるのかを正確に説明できる方は少ないのではないでしょうか。

 

キャッシングとは「個人の信用力を担保」とする融資のことを指します。とはいっても何のことかわからないでしょう。

 

「個人の信用力を担保とする」ということは、借入本人以外の事は問題としない、ということになります。

 

住宅ローンをはじめとする個人ローンでは、保証人や担保を必要とすることも多いです。
しかしキャッシングでは保証人や担保を準備する必要がなく、これが「個人の信用力を担保とする」という意味です。保証人も担保も必要ない分、借りたいときに手軽に借りることができるのがキャッシングの大きな魅力となっています。

 

キャッシングの契約では、その方の返済能力に応じた借入限度額が設定されます。
その借入限度額の範囲内であれば、何度でも自由にお金を借りることができます。
借入の際にいちいち店舗に赴き手続きをする必要もなく、ATMやCDを利用してすぐにお金を借りることができるのが大きな特徴です。

 

同様の借入サービスに「カードローン」がありますが、厳密にいえばキャッシングとカードローンは異なる性質のサービスです。

 

キャッシングは基本的に一括返済を行います。
借りたお金は翌月にそれまでの利息を合わせて一括で返済します。

 

一方カードローンでは基本的に分割返済を行います。
借りたお金は毎月の返済日(約定日)にそれまでの利息を計算して分割で返済します。

 

このような返済方法の違いが両者にはあるのですが、最近ではこの違いが非常にあいまいになっています。キャッシングと呼ばれる商品でも分割返済が可能になっており、カードローンと名のつく商品でも一括返済の取り扱いが可能になっています。


利用者としては名称の違いにとらわれることなく、商品自体の特性をよく理解することが重要といえるでしょう。

 

キャッシングの審査とは?

非常に手軽に利用できるキャッシングは、急な出費などに非常にありがたい存在となります。

 

ただし冒頭で述べたようにキャッシングでお金を借りるには、必ず審査に合格しなければいけません。

 

それではキャッシングの審査はどのような情報に基づき判断されるのでしょうか。

 

他社の借入件数
まず重要な情報は、個人信用情報機関の照会による他社の借入状況です。
キャッシング会社は、新規の申込を受付すると、個人信用情報機関に照会を行い、申込者の情報の調査を行います。

 

個人信用情報に記録されている情報には様々なものがありますが、中でも大きなポイントとなるのが借入の件数です。キャッシング会社は、他社の借入件数に対して独自に上限を設定しています。

 

たとえば次のような社内での決まりを設けています。

・A社では他社借入が4件以上ある方は融資不可
・B社では他社借入が3件以上ある方は不合格

 

この基準はキャッシング取扱会社により異なりますので、一概に「○件以上で合格できない」とはいうことができません。平均すると3〜4件で融資不可となっていますので、それ以上の借入を利用している方は注意が必要でしょう。

 

申込書の内容
次に重要視される情報が申込書です。
申込書に記載する内容のすべてが審査では大切な情報源となっています。

 

申込者がどのような方なのか。
どこに住んでおり、どのような仕事をしているのか。

その内容のすべてが審査の結果を左右する重要な情報です。

 

とくに合否の判断とともに、どのくらいの金額や金利で融資が可能なのかを判断するための情報として重要視されるものは次の3つです。

  1. 年収→当然多いほうが有利
  2. 勤務形態→パートやアルバイトよりも正社員が有利
  3. 勤続年数→長いほうが有利

 

年収については「総量規制」の関係も大きな影響を与えます。

 

総量規制とは

年収の3分の1以上の借入を禁止した法律の制度で、多重債務者の問題を解決するために設けられした。総量規制の対象となるキャッシングでは、年収の3分の1以上の借入はできませんので注意が必要です。

 

勤務形態が正社員であれば高額融資や低金利も期待できますが、パートやアルバイトの場合にはあらかじめ融資額の上限を内部で決めている先もあります。勤続年数は長いほど安定した収入が期待でき、その分返済能力が高いと判断されます。

 

審査を受ける際の注意点

 

キャッシング審査の基準は各社で異なっています。
しかもその内容は一般的には公表されません


審査の結果は実際に審査を受けてみなければわかりませんそれでもなるべく審査に合格するための注意点はいくつかありますのでご紹介しましょう。

 

一度にたくさん申し込まない

キャッシングの申込履歴は個人信用情報に記録されます。
審査に合格しようがしまいが、申込を行った時点で申込実績が記録されます。
もちろん審査結果も記録されますので、その情報が他社の審査にも大きな影響を与えることになります。

 

  1. 「一度にたくさん申し込んでいるが、お金に困っているのではないだろうか」
  2. 「一度にたくさん借りて逃げてしまうのではないだろうか」

 

このような疑念を持たれると、もほや審査には合格できません。

 

審査に落ちることを心配してたくさんの先に一度に申し込むことはやめておきましょう。
最低でも2社程度、その後の申込は半年以上の期間はあけておくようにしましょう。

 

嘘の申込を行わない

こちらも「どうしても借りたい」という気持ちが強い方が犯してしまう失敗です。
自分をよく見せようとして、申込書に嘘の内容を記載してしまうのです。

 

・収入を多く記載する
・他社借入を少なく記載する
・勤続年数を長く申告する

 

仮に確認書類が無い情報であっても、このような嘘はすぐにばれてしまいます。
審査担当者は金融のプロで、不自然な内容をすぐに見抜く能力を備えています。

 

あなたは嘘をつく方を信用できるでしょうか。
金銭の貸し借りはお互いの信用が重要です。
信用を裏切る行為は決して行わないようにしましょう。

 

無理な申込は行わない

審査にもっとも合格する近道は「自分の能力に応じた申込を行う」ことです。
現状の収入と支出、他社の借入状況から余裕を持って返済できるような申込を行うことです。
自分でもまず問題なく返済できると考えているならば、審査でも合格できる可能性は高くなるでしょう。

 

逆に少しでも不安を感じながら申し込むと、たいていは不合格となるものです。
先ほど申し上げたとおり、申込実績も個人信用情報に記録されますので、他社の申込にも大きな影響を与えてしまいます。

 

 

キャッシングの申込では、自分の状況をよく把握しながら無理のない申込を行うことが大切です。同時に必要以上の借入を控えるとともに、無事審査に合格したならば借りたお金はなるべく早期に完済できるように心がけましょう。