MENU

キャッシングを主婦が利用する方法

独身の時は自由に使えていたお金も、結婚して家庭を持つとそうはいきません。
なにもりも家庭のために使うことが最優先となります。

 

それでも時には自分のためにまとまったお金を使いたいと思うものです。
結婚した主婦(主夫)はキャッシングを利用することができるのでしょうか。

 

一般的には主婦(主夫)には2つの種類があります。
いわゆる「共働き」の「兼業主婦」と、家事や育児に専念する「専業主婦」です。

 

最近では「兼業主婦」が多くなっているイメージがありますが、統計では3人に1人が「専業主婦」というデータもでており、まだまだ専業主婦の方もたくさんおられます。

 

「兼業主婦」と「専業主婦」ではキャッシングの利用について異なる点があることを知っておきましょう。

 

兼業主婦の場合

兼業主婦では、自らも一定の収入があることになります。
そのためキャッシングの利用条件である「安定した収入」を認められれば、十分審査に合格することができます。

 

正社員で働く兼業主婦はもちろん、パートやアルバイトなどで一定額以上の収入があれば、キャッシングでまとまったお金を借りることも可能でしょう。

 

ただしパートやアルバイト収入は、金額自体がそれほど多くないことが想像できます。
そのため申込可能金額もそれほど高額は難しいかもしれません。とくに「総量規制」の対象となるキャッシングは、年収の3分の1以上の金額は利用することができません。それでも一時的な出費などには十分な額の利用も期待することができるでしょう。

 

専業主婦の場合

一方専業主婦には、自らの収入がありません。
そのためキャッシングの利用条件である「安定した収入」が満たせないことになります。
専業主婦のキャッシングについては、キャッシング会社で対応が次の2つにわかれています。

 

  1. 自らの安定した収入が無いことから申込不可とする先
  2. 配偶者(夫など)の収入を合算して審査を判断する先

 

専業主婦がキャッシングを利用したいと考える場合には、Aの対応を行っている先に申込を行う必要があります。この場合大半の先は配偶者(夫など)の収入を確認できる書類の提出を要求するようになっています。

 

また中には配偶者(夫など)を保証人に要求する先もあります。
「総量規制」の対象となっていないキャッシングでは、このような手続きを不要としている先もあります。ただし審査基準はかなり厳しく、借りることできる金額も高額ではまず合格することができません。

 

「夫に内緒で借りたい」と考える専業主婦の方も多いかもしれません。
インターネットなどの申込方法で、たしかに夫にばれずにキャッシングを利用することは可能になっています。

 

しかし利用するには審査に合格しなければなりませんので、審査基準がかなり厳しいことを考えると、利用も厳しいことが予想されます。

 

なにより金銭に関する問題は、深刻な人間関係の悪化を招くものです。
「一体何に使ったんだ」という疑念を持たれ、最悪では家庭崩壊につながる危険もあります。

 

主婦がキャッシングを利用したいと考える理由は、人それぞれでしょう。
それでもできるだけ夫を含めた家族の同意を得て利用するようにしたいものです。