MENU

キャッシングを無利息で利用しよう

「初回の利用者、30日間無利息実施中!!」
このようなキャッシングの宣伝を見かける機会も多くなっています。

 

通常キャッシングを利用した場合には、借りたお金に対して利息を支払わなくてはいけません。しかしこのような宣伝を掲げている金融業者では、条件次第で無利息で利用できることになります。お金を借りるのにこれほどありがたいサービスはないでしょう。

 

キャッシングの無利息サービスについて調べてみましょう。

 

無利息サービスとは?

キャッシングの無利息サービスとは、その名の通り無利息で利用できるサービスのことです。
ただし無制限に無利息を提供していたのでは商売が成り立ちません。
無利息サービスを受けるには、いくつかの条件があります。

 

初回利用者限定

無利息サービスの大半は「初回利用者」に対するものになっています。
キャッシングの利用者は、一度利用したキャッシングを繰り返し利用する傾向があります。

 

借入限度額の範囲内であれば何度でも利用できるキャッシングは、基本的に一度審査に合格した先を繰り返して利用する方が大半です。そのため「初回」に無利息を提供することで、自社のキャッシングを末永く利用してもらおうというわけです。

 

一定期間

無利息を受けることのできる期間は、各社で異なっています。
1週間、30日、180日といった無利息期間が準備されていますので、自分の都合にあった先を選ぶことが大切です。

 

このような条件を照らし合わせてみると、無利息サービスは短期間だけ借りたいといった場合に有効であることが分かるでしょう。またキャッシングを利用したいと考えている方に対して「お試し」の意味合いで利用するにも有効であるといえます。

 

無利息サービスの注意点

上手に利用すればこれほど便利なサービスは無い「無利息」ですが、いくつかの注意点もあります。

 

次に挙げるような点に注意して上手に活用していきたいものです。

 

無利息期間が経過すると

それぞれに設定された無利息期間を経過してしまうと、当然通常の利息が発生します。
それどころか通常は「無利息期間=返済期日」となっていますので、無利息期間の経過とともに「延滞利息」が発生することになります。

 

「延滞利息」は通常の利息よりもはるかに高い設定となっており、一般的には法律上で認められる上限金利である「20.0%」が適用されます。延滞利息は日割りで計算されますので、わずかな遅れでも大きな負担となります。

 

無利息サービスを利用する場合は、必ずその期間で返済できるようにしなければいけません。
いくら無利息とはいっても、計画的な利用が大切であることには変わりありません。

 

いつから無利息が発生するのか

無利息期間が開始されるタイミングには主に2通りあります。
「契約日の翌日」と「初回借入日の翌日」の2通りです。

 

注意しなければいけないのは前者のケースで、実際に借入を利用しない場合でも無利息期間が経過していくことになります。

 

契約から借入まで日数が空くと、その分無利息期間が減ってしまうことになるのです。
次のような失敗を犯さないようにしましょう。

 

・契約日の翌日から30日間の無利息サービスを利用した場合
→契約日の10日後に借入→無利息期間は「30日」ではなく「20日」に減ってしまう

 

せっかくの無利息期間を減らさないように契約内容などに注意しましょう。