MENU

キャッシングとは何か説明できますか?

「ちょっとした出費にキャッシング!!」
電車のつり広告や雑誌の広告によく見かける文言です。

 

普段の生活のちょっとしたお金の不足時にキャッシングを利用されている方も多いでしょう。
しかしどれだけの方が「キャッシングとは何か?」という質問に正確に答えることができるでしょうか。

 

今キャッシングを利用している方も、これからキャッシングを利用したいと考えている方も、まずはキャッシングの意味と仕組みをよく理解するようにしましょう。

 

キャッシングとは?

そもそもキャッシングとは「現金に換える」という意味です。
ここから金融機関からの小口融資を受ける総称として使われるようになりました。

 

小口融資とはいっても、借りることのできる金額は数十万円単位から数百万円単位、金融機関によっては1,000万円を超えるキャッシングを商品化している先もあります。

 

基本的に個人向け融資ですので、法人の事業資金や個人事業主の営業資金としては利用できません。また競馬やパチンコなどのギャンブルや株式投資などの投機資金としての利用も禁止されています。これらの禁止事項に該当しなければ、基本的には様々な目的に利用することができます。

 

お金の使い道(資金使途)が自由で、利用の都度その目的を申告する必要はありません。

 

「利用の都度」というようにキャッシングは何度でも自由に使うことができます。
キャッシングには借入可能な「借入限度額」が設定されます。

 

「借入限度額」の範囲内であれば、基本的に何度でも自由に借入することができます。
一度借入限度額いっぱいまで借入したとしても、その後の返済により借入限度額に空き枠が生じればその空き枠は自由に使うことができます。

 

キャッシングでは借入に専用のカードを使用します。
審査に合格することで、借入専用のカードが発行され、そのカードをATMやCDに投入して現金を引き出すことで借入が成立します。

 

ちょうど銀行のATMで預金を引き出す要領ですが、あくまで借金であり、自分のお金を引き出すわけではありませんので勘違いしないようにしましょう。

 

最近ではカードを使用しないで、指定した金融機関の口座に融資金を振り込むタイプのキャッシングも登場しています。電話やインターネットで申し込みを行うと、早ければ瞬時に融資金が振り込まれます。わざわざATMやCDに訪問する必要もありませんので便利に利用することができます。

 

キャッシングとカードローンの違い

借入に専用カードを使用するローンとして「カードローン」を思いつく方も多いでしょう。
キャッシングとカードローンの違いとは何でしょうか?
その違いは返済方法にあります。

 

キャッシングは基本的に「一括返済」です。
借りたお金は翌月の返済日にそれまでの利息を合わせて一括で返済します。

 

一方カードローンは「分割返済」です。
借りたお金は毎月の返済日(約定日)にその時点での利息を計算して分割で返済していきます。

 

しかし最近ではこの違いが非常にあいまいになっています。
キャッシングと呼ばれる商品でも分割返済が可能になっているのです。

 

キャッシングを取り扱うインターネットの検索サイトでも、キャッシングとカードローンの違いをあまり明確に取り扱っていません。それどころか金融機関側でも分割返済の商品を「キャッシング」と呼ぶこともあります。

 

利用する側としてはキャッシングとカードローンの違いをあまり気にする必要は無いかもしれません。それよりかは商品自体の特性をよく理解して、自分にあった先を選ぶようにしましょう。