MENU

キャッシングの金利の仕組み

キャッシングを利用する場合、一番気になるのが「金利」の問題でしょう。

 

「できるだけ低金利で借りたい」と誰もが思うものです。
それには、まずキャッシングの金利の仕組みを正しく理解することが大切です。

 

キャッシングの金利とは?

お金を金融機関から借りると「利息」を支払う必要があります。
「利息」とはお金を借りる場合の「レンタル代」のようなものです。
そして借りたお金に対してどれだけの割合で「レンタル料」が発生するのかを示すものが「金利」です。

 

一般のキャッシングの金利は「年利=%」が用いられます。
つまり借りたお金に対して「1年間で何%」の利息が発生するのかを示しています。

 

金利の表示方法には他に「月利」「日歩」などがあります。
それぞれ「1ヶ月で何%」「1日で何%」の利息が発生するのかを示していますが、現在のキャッシングで用いられることはまずありません。

 

また現在のキャッシングの金利は「実質年利」を用いることが法律で定められています
個人ローンでは利息の他に様々な費用負担が発生することがあります。

 

例えば「ローン手数料」「事務手数料」「保証料」などの費用負担が求められることがあります。しかし「実質年利」で計算される場合には、これらの費用負担をすべて含んだものになっています。負担割合がわかりやすい分、返済計画なども立てやすくなっています。

 

ただし提携ATM手数料などは別途発生してきますので、事前に確認しておきましょう。
また「実質年利」ではなく単に「年利」とだけ表示している金融業者にも注意しなければいけません。

 

一見低金利に見えても、契約後に法外な手数料などを請求される危険があります。
法律を無視して営業している「闇金」といわれる業者の常套手段です。

 

利息と金利の計算方法

実質年利を用いた利息と金利の計算方法は単純で、次の計算式で行われます。

 

・利息=借入金額×金利(実質年利)÷365日×借りた日数

 

例えば3万円を実質年利18.0%で1ヶ月(30日)借りた場合の利息は次のように計算されます。

 

・3万円×18.0%÷365日×30日=約444円

 

この計算式でわかることは、利息をできるだけ低く抑えるには、次の3点がポイントとなることです。

 

  1. できるだけ借入金額を少なくする
  2. 必要以上の借入を避けるようにしましょう。

     

  3. できるだけ低い金利で借入する
  4. 多くの情報を入手・比較するようにしましょう。

     

  5. できるだけ早期に返済する
  6. 余裕がある場合には繰り上げ返済を活用していきましょう。

 

最上限金利と最下限金利

キャッシングの金利には「最上限金利」と「最下限金利」が設けられています。
例えば商品案内などには「実質年利4.8%〜18.0%」というような表示がされています。
この場合「18.0%」が最上限金利、「4.8%」が最下限金利となります。

 

キャッシングの金利は申込後の審査により決定されます。
返済に対するリスクが低いと判断さえると、適用金利は低くなります。
低い金利でたくさん借りて利益につなげようというわけです。

 

逆に返済に対するリスクが高いと判断されると、適用金利は高くなります。
返済不能に陥るリスクを金利でカバーしなければいけないためです。

 

とくに初めての利用者では、利用実績を判断することができません。
そのためほとんどのケースでは最上限金利に近い金利設定となります。
その後利用実績を積んでいくことで、徐々に適用金利が引き下げられていくことになります。

 

最下限金利が低いキャッシングは非常に魅力的です。
しかしキャッシングの金利を比較する場合には、最上限金利により注目しておくようにしましょう。