MENU

キャッシング会社の種類について

キャッシングを取り扱う金融業者にも様々な先があります。
それぞれに借入条件が異なっているので、自分の希望に合った先を選ぶようにしましょう。

 

インターネットの比較サイトなどを利用して、多くの情報を入手し、比較・検討することが大切です。キャッシング会社には主に次の3種類があります。

 

銀行系キャッシング

普段から利用する機会の多い銀行が取り扱うキャッシングです。
そのほとんどは「カードローン」と呼ばれていますが、現在ではキャッシングもカードローンもほぼ同様のローンとして取扱されています。

 

銀行系キャッシングの最大のメリットは、金利の低さでしょう。
豊富な資金量を背景にして、非常に低金利の商品が目立ちます。

 

キャッシングの金利には最下限金利と最上限金利がありますが、銀行系キャッシングの最下限金利は1ケタ台は当たり前、中には2〜3%台の商品も多くあります。最上限金利についても他系統のキャッシングに比較して全体的に数%低くなっていますので、金利が低いキャッシングを条件とするならば銀行系キャッシングは外せないでしょう。

 

ただしその分審査基準は厳しくなっています。
とくにすでに他社で複数の借入を利用している方に対しては、借入金額にかかわらず厳しい判断が行われます。

 

銀行系キャッシングはいわゆる総量規制の対象外です。
年収の3分の1以内という制限はありませんが、それでもこの基準に近い借入をすでに他社で利用されている方は、銀行系キャッシングでは審査に合格することが難しいといえるでしょう。

 

消費者金融系キャッシング

街中でよく見かける消費者金融が取り扱うキャッシングです。
最近ではゴールデンタイムの時間帯でも有名タレントを起用した消費者金融のCMが放映されるなど、私たちの身近な存在となっています。

 

先の銀行系キャッシングに比較して、やや金利が高くなっています。
とくに初めての利用者に対しては最上限金利に近い金利設定となるケースがほとんどです。
その分ある程度の利息負担は計算しておかなくてはいけません

 

最近では初回利用者を対象にした「無利息サービス」を提供する消費者金融もありますので、その点は有利といえるかもしれません。

 

消費者金融の最大のメリットは「手軽さ」です。
そのほとんどが「即日融資」に対応しており、素早い借入が可能になっています。
インターネットや無人契約機などの申込方法も多様で、自分の都合に応じた使い分けが可能になっています。

 

また銀行系キャッシングよりも全体的に審査基準が緩めであるのも大きな特徴でしょう。
よく「銀行で不合格だったが消費者金融で合格できた」という声を聞くのは、審査基準が比較的緩やかであることを示しています。

 

ただし消費者金融は総量規制の対象ですので、年収の3分の1を超える借入はできません

 

信販系キャッシング

普段のショッピングなどに利用される方も多いクレジットカードを発行する信販会社が提供するキャッシングです。その多くはクレジットカードの「ショッピング枠」とは別枠で「キャッシング枠」を設定することでキャッシングを提供しています。またキャッシング単独の商品も提供している先もあります。

 

通常はクレジットカードの審査と同時にキャッシング審査が行われ、審査基準もそれほど厳しくはありません。ただし消費者金融系キャッシングと同様、総量規制の対象となりますので、借入金額は年収の制限を受けることになります。

 

提携先が多いのがメリットで、多くのATMなどを利用できるために利便性には優れているといえるでしょう。ポイントサービスなどの顧客向けサービスが充実している点も魅力といえるかもしれません。