MENU

キャッシングを学生が利用する方法

「学生の本文は勉学である!!」
このように主張する大人もたくさんおられます。
しかしこのような大人も学生時代には、結構遊びにも力を入れていたのではないでしょうか。

 

高校を卒業して大学や専門学校に進学すると、これまで以上に多くのお金を必要とします。
交友関係も広がり、サークル活動などにいくらお金があっても足りないと感じる学生も多いのではないでしょうか。

 

また就職活動や将来に備えて資格を取得したいと考える学生も、多額の資金を必要とします。
このような場合、キャッシングを利用することは可能なのでしょうか。

 

学生でもキャッシングを利用できる!!

「学生ではキャッシングが利用できない!!」
このようなイメージを持たれる方も多いかもしれません。

 

しかし最近では学生の方でも利用できるキャッシングが登場しています。
その条件は主に次の2点です。

 

20歳以上であること

20歳未満の未成年は、通常キャッシングを利用することはできません
20歳未満の未成年の場合、保護者(親など)の同意が無い金銭契約は無効となる可能性があるためです。

 

わざわざ無効となるリスクを抱えてまで、20歳未満の方に融資を行う必要もありませんので、通常のキャッシング会社では年齢制限を行っています。

 

安定した収入があること

いくら学生とはいっても、審査に合格しなければキャッシングを利用することはできません。
そのためアルバイトなどで一定の安定した収入があることが条件となります。

 

残念ながら「親からの仕送り」などは安定した収入とはみなされません
アルバイト収入は、その金額自体あまり高額でないことが想像されます。

 

そのため学生がキャッシングを利用できる金額も、それほど高額は難しいかもしれません。
とくに「総量規制」の対象となるキャッシングは、年収の3分の1を超える借入ができませんので注意が必要です。それでも交友費などには十分な額の借入も可能でしょう。

 

学生がキャッシングを利用する場合の注意点

これらの条件を満たして審査に合格することができれば、学生でもキャッシングを利用することは可能です。最近では銀行や大手消費者金融でも「学生利用可能」と宣伝している先も増えてきています。

 

ただし銀行や大手以外の金融業者の中には、学生をターゲットにした詐欺を働く先もありますので注意が必要です。

 

あまり社会事情に詳しくない学生を巧みに勧誘して、高い利息や手数料を請求してくる悪徳業者も存在しています。また前金を要求して支払いが完了した後、行方をくらましてしまう手口も常套手段となっていますので注意しましょう。

 

街頭チラシや電柱広告などに登場する、名前も知らない金融業者には、決して関わらないことが肝心です。

 

学生時代は将来を左右する大切な時期でもあります。
キャッシングを利用するとしても、一時的な欲求ではなく、自分にとって有効的な利用を心がけるようにしましょう。

 

また利用の際には明確に返済計画を立てるようにし、借りたお金はできるだけ早期に完済できるようにしましょう。社会人のスタートを借金を抱えて迎えることは避けるようにしたいものです。